民法上、胎児にも相続権があります。

では、その胎児というのは、いつから「胎児」とよばれるのでしょうか?

受精時?、着床時?、それともへその緒で母体と繋がった時?

このような疑問について動画にまとめてみました。