自然死や自殺、殺人の現場となった物件は、俗に『事故物件』と呼ばれますが、それを見分ける方法はあるのでしょうか?

まず一つ目は、その物件を購入したり借りたりする前に不動産業者から受ける、「重要事項説明」です。
この中で、”告知事項あり”とされ、そこに過去の事件の内容が書かれています。
ただし、どこまで不動産業者が告知しなければならない、といった明確な基準はありませんので、過去に事件があった場合にも、告知事項無しになっていることもあります。

では、どうすれば良いのか?
一番確実なのは、周辺の住民に聞き込みを行うことです。
特に女性は教えたがる方が地域に一人は確実にいらっしゃいますので、情報をゲットできる可能性はかなり高いです。

また、これはできるかどうかはケースバイケースですが、売主さんや大家さんに直接聞くという方法もあります。
ただ、過去の事故を隠していることもありますので、確実に教えてもらえるとは限りません。

さらに、インターネットで調べる方法もあります。
メジャーなサイトは、”大島てる”です。
検索すれば出てきますので、参考までにチェックするのも良いでしょう。
ただ、全ての事故物件が掲載されているわけではないので、あくまで参考程度にとどめておくのが良いと思います。

逆に、「自分は事故物件でも全く問題ない!」という方は、敢えて自己物件を選ぶという方法もあります。
一般物件に対して、売値や賃料が大幅に安い場合が多いですので、そういった方にはオススメです。