セットバックという言葉、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
何となく”後退する”っていう意味なのかな~、というイメージだと思います。
 
実は、建物はどこに建ててもよい、というわけではありません。
建築基準法という法律で、建物の敷地と道路の関係について最低基準が設けられています。
 
それは、4メートル以上の幅の道路に、最低2メートルの幅にわたって敷地が接している必要があります。
 
この道路の幅が4メートル未満だと、建物を建てる前に敷地を後退させる必要があります。
 
この動画では、図解を交えてセットバックについてご説明します。
 
また、セットバックの基準となる中心線についてや、セットバックした部分の土地は誰のものなの?、という疑問にもお答えします。